アクア 値引き

アクア値引きの大前提:2つの見積もりを出してもらう

新車購入における値引き交渉で最も重要なのは【純粋な値引き額】と【愛車の下取り価格】の合計額、つまりは実質いくらで新車が手に入るかというところのはずです。しかしながら、どちらか片方に執着して無駄な攻防を繰り広げている人があまりにも多すぎます。

 

現時点でのアクアの純粋な車体価格の値引きの目標・限界額は売れ行き好調のためか5万円前後止まりと言われています。では、ここであなたの熱意に負けた営業マンから下取り込みで20万円の値引きを勝ち取ったとしましょう。
さて、あなたは勝ち組ですか?

 

答えはどちらとも言えません。(もしあなたの愛車の適正な下取り価格が18万円だったとすると、純粋な値引き額は実質2万円のみ)
この「下取り込み」というのがクセモノで、値引き額と下取り価格がそれぞれいくらなのかを曖昧にしてしまいます。

 

そこで、見積もりを出してもらう際には【下取り有り】と【下取り無し】の2パターンの見積もりを作ってもらいましょう。これで値引き額と下取りの額が丸裸ですw

アクアの値引き交渉1:他社のディーラーで見積もりを出す

これは誰でもやっていると思います。(まさかやっていないなんてことないですよね?(^_^;))要は他社の競合車の見積もりと値引き合戦を繰り広げてもらうわけです。

 

アクアならばホンダのインサイト・フリード・シビックなどのハイブリッド車と戦わすのが良いでしょう。

 

なお、ここでも見積もりは下取り有り無しの2通り出してもらう事が肝要です。

アクアの値引き交渉2:トヨタのディーラー同士で戦わせる!

アクアの見積もりを2〜3店舗で出してもらうわけです。他社ほどではありませんが、同じトヨタのディーラーとはいえども売り上げ争いをするライバル同士であることに違いはありません。

 

ここで肝なのは、同じアクア同士で値引き合戦を行える点にあります。例えばホンダのインサイトで30万円の値引きを獲得したとしても、「いやいや、アクアは○○がインサイトとは違うので同じ額の値引きは無理ですよ」と言われたらどうにもなりません。

 

しかし、アクア同士での値引き交渉ならばそんな言い訳は通用しません!値引き幅が小さいのは単にディーラーの勉強不足w

 

ということで、トヨタのディーラー同士で競合させる事は大きな値引き額を引き出すためには非常に重要な手段です。

愛車の適正な査定価格を知る

これがトドメの一撃ですw。手元の車の正しい価値を知っておくことこそが一番の交渉材料になります。

 

最初に触れましたが、ディーラーは値引き額と下取り価格をごっちゃにすることで、さぞたくさん値引きをしたように見せてきます。もし10万円の値引きを勝ち取っても、下取りが適正価格よりも10万円安かったら何の意味もありません。

 

この下取りマジックの原因は、素人では車の正しい価値なんかわからない所にあります。「バンパーに擦った痕があるので〜」とか言われたら、「ああ、そうですか」と言うより他にありません。

 

そこで事前に愛車の査定価格を調べて行きましょう!カービューの無料査定なら最大8社が入札形式で価格を上げていってくれるので、カーディーラーの下取りよりも高い価格がつく事は珍しくありません。

 

利用者累計300万人以上の実績3分ほどで依頼手続きが完了するのが助かりますね。

カービュー

カービューを使い倒す手順

 

1:カービューで愛車の適正価値を知る
2:1を持ってディーラーで限界まで値下げ交渉
3:車はディーラーとカービューの内、高く買ってくれる方に売却

 

別にディーラーに下取りしてもらう必要はありません!

 




アクアの値引き交渉必勝マニュアル! メニュー

 

アクアの値引き交渉必勝マニュアル!  リンク集